人気ブログランキング |

役に立ちそうでなかなか役に立たないような気がするブログ

cookie2001.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画( 19 )


2019年 01月 26日

50年過ぎの2001年?

とてもしつこいけど、『2001年宇宙の旅』に関する投稿です。

昨年は初上映後50周年で色々と盛り上がった映画でした。
これにまつわるイベントなどもありました。

残念だったのが…
e0176691_18374237.jpg
↑ このIMAX上映。
IMAXといったら高画質&高音質というイメージがあったけど、これががっかり(* - -)
画質はビデオを無理やり引き伸ばしたような印象だし、
音質も大音響だけどノイズが気になってしょうがなかった。
比較イメージ:
e0176691_18395320.jpg
↑ これがオリジナル。
e0176691_18401387.jpg
↑ こんな印象だったよ、と言うイメージを作ってみました。
一見コントラストがついて見やすい様だけど、ディティールが飛び気味なのがわかるかな?

嬉しかったのは、映画制作の企画段階からのルポをまとめた『2001:キューブリック、クラーク』の日本語出版。
e0176691_18375957.jpg
↑ 分厚い本の中に、映画に関する裏話が満載です。

アーサー・C・クラークの著作は全て読んでいたので著者自身を知ったつもりでいたのに、
プライベートライフについては初耳なことばかり。
いや〜、よかった(⁎˃ᴗ˂⁎)

以前ここでご紹介した『The Making of Stanley Kubrick’s 2001: a space odyssey』に付属していたプロダクションノートと初期段階の脚本を付き合わせて読むと、より理解が深まりますね。
あ、現在出版されている本にはついていないのか(^-^;

この本についても残念なことが(-o-;)
巻頭に数ページ、スチール写真集が付いているのですが…
e0176691_18380600.jpg
↑ キャプションがどうも怪しい。
これを書いた人は映画を見ていないと思う(* - -)

おまけ。
e0176691_18375474.jpg
↑ 表紙カバーを外すと、モノリスっぽいこの本(⁎˃ᴗ˂⁎)


by 2001cookie | 2019-01-26 18:57 | 映画 | Comments(0)
2018年 09月 09日

値がはる?HAL

「2001年宇宙の旅」再上映を楽しみにしていた矢先、何やら小さなパッケージが届きました。
e0176691_11384522.jpg
キューブリックファンでいらっしゃる{こじかさん}に刺激されて買ってしまいました。
e0176691_11385197.jpg
↑ HAL-9000型 USBメモリ。

高さ、わずか6cm足らずなのに...
e0176691_11385670.jpg
↑ 忠実に再現されたフォルム。

スピーカー部を外すと...
e0176691_11390213.jpg
↑ このとおり。USB端子が現れます。

これをパソコンなどの端子に接続すると...
e0176691_11390740.jpg
↑ 映画同様、目の部分が赤く点灯するのです。

容量は16GBだけど、満足感は1TB(*≧∇≦*)
価格は$24.95。送料は約$15。
単なるメモリとして考えると高いと感じるかもしれないけど、
キューブリックファンとしては買わずにはいられないグッズです!

「2001年宇宙の旅」に関しては上映後50周年ということもあり、公式グッズが様々なところから発売されています。
ファンとしては嬉しいけど、懐具合が...(-o-;)

おまけ。
e0176691_09540752.jpg
↑ こんなエラーが出ませんように!


by 2001cookie | 2018-09-09 11:43 | 映画 | Comments(0)
2018年 08月 26日

切手も切れない2001年

可愛い消印(?)のついた封書が届きました。
e0176691_13284527.jpg

切手蒐集家ではないけど、どうしても欲しくなってしまいました。

これは英国領であるマン島が”独自”に発行している切手なのです。
独自というのは、ポンド表記なのですが英国本土では使えないのです。
もちろん、日本でも。

e0176691_13295937.jpg
↑ 種類が多すぎ!
迷うのがまた楽しいのですが。

とりあえず入手したのは...
e0176691_13304305.jpg
e0176691_13310309.jpg
↑ すぐに入手できた Pictorial Sheet Set。

でも、限定品に弱い私は...
e0176691_13300312.jpg
↑ やっぱりこっちも注文 Monolith 2001 Black Box Collection。
映画の象徴、モノリスを思い起こすボックスデザイン。
e0176691_13332060.jpg
↑ 縦横比率はずいぶん違うが(^-^;
e0176691_13334763.jpg
↑ 開封の儀〜♪
e0176691_13340944.jpg
↑ 通しナンバー入りの50周年記念の証明書と16頁の冊子が封入されています。

切手は前記 Pictorial Sheet Setと...
e0176691_13344010.jpg
↑ Commemorative Sheetletがセットされています。

全世界送料無料というのも嬉しい!
その後も毎月のようにカタログが送られてきます。
う〜ん、切手マニアになってしまいそう(*≧∇≦*)

あ、もう...
e0176691_13353588.jpg
e0176691_13354293.jpg
↑ 蒐集家になってるかも。
数年前に買ったピーターラビットとサンダーバード放映50周年記念切手。
これは日本国内用。

おまけ。
まさにおまけ。
2001年切手を買ったら送っていただきました。
e0176691_13373972.jpg
e0176691_13373455.jpg
↑ マン島で使える1ポンド硬貨。
マン島に行かないと使えない〜。


by 2001cookie | 2018-08-26 13:41 | 映画 | Comments(2)
2018年 06月 12日

思い出の荻窪オデヲン座 その7

このシリーズ、そろそろ終わりかな。

表紙は
e0176691_10341952.png
↑ 44マグナムを構えるクリント・イーストウッド。

上映作品は…
e0176691_10342404.png
↑ 『華麗なる大泥棒』
フランスの俳優の中でも一番好きなのが、このジャン・ポール・ベルモンド。
「リオの男」や「カトマンズの男」など、見どころ満載の映画に出ています。
この『華麗なる〜』も知られざる傑作。
アンリ・ヴェルヌイユ監督作品の中でも娯楽性バツグンでした。
モリコーネの音楽もいいですよ〜♪

『ガンマン大連合』
これは日本でロードショーされずに二番館のみの上映だった傑作マカロニ・ウエスタン。
実は映画館で上映されたのはカット版。
主人公が危機を脱出するシークエンスが丸ごとカット!
e0176691_10365045.png
↑ これです。この画像は借り物です。すみません。
他にも物語に関わる重要なシーンがいくつかカットされていました。
それでも、面白さに変わりがないところは立派です。
監督は以前ご紹介した「続・荒野の用心棒」のセルジオ・コルブッチ。
この映画の音楽もモリコーネ♪
DVDにはロケ現場に現れたUFOが特別映像として収録されています(*≧∇≦*)

『ダーティ・ハリー』これは今更説明は不要でしょう。
この映画のほとんどのファンが、吹き替え版の方が気に入っていると思います。
それほど山田康雄の見事な吹き替えが印象に残っているんですよね。

次回上映作品…
e0176691_10342906.png
↑ なんちゃってドキュメントと、ドキュメンタリー風味の成人映画(-o-;)
注)「幸福の条件」と言っても、ロバート・レッドフォードの映画ではありませんよ!



by 2001cookie | 2018-06-12 11:12 | 映画 | Comments(0)
2018年 06月 04日

船長、誕生、おめでとう

もう過ぎてしまったけど、5月30日は映画「2001年宇宙の旅」の出演者、キア・デュリア氏の誕生日でした。

この映画でしか知らない人も多いけど、「バニーレークは行方不明」など印象に残る演技もあるのです。
ちなみに、私はこの映画で共演しているキャロル・リンレーの大ファンです❤️

僭越ながら、お祝いのメッセージを...
e0176691_22053126.png
↑ Daveは役名。
正式にはデビッド・ボーマン船長です。

映画の中ではもう一人の宇宙飛行士、フランク・プールに...
e0176691_22055564.png
↑ ご家族から” Happy Birthday~♪” とお祝いされています。
ローソクの数が(^-^;
いくつになったんだ!フランク!!

この可愛らしいDaveは…
e0176691_22052784.png
↑ Hallmarkから発売されている itty bittysシリーズのひとつ。
なぜか日本のホールマークでは取り扱いをしていません。

仕方ないので…
e0176691_22053710.png
↑ 海外から取り寄せました。
キューブリックファンとしてはもっと出して欲しいキャラクターあるんだけどなぁ。
アレックスとか、ストレンジラブ博士とか(*≧∇≦*)

おまけ。
e0176691_22054239.png
↑ 我が家のデビッド・ボーマン勢揃い〜♪
黄色い宇宙服は前述のフランク。



by 2001cookie | 2018-06-04 22:55 | 映画 | Comments(2)
2018年 05月 31日

思い出の荻窪オデヲン座 その6

この投稿、楽なので続きますヾ(*´∀`*)ノ

表紙は
e0176691_11563310.png
↑ う〜ん、マンダム。

上映作品は…
e0176691_11563881.png
↑ 『狼の挽歌』セルジオ・ソリーマ監督作品。といっても、誰も知らないだろうなぁ。
エンニオ・モリコーネの音楽が印象的♪
チャールズ・ブロンソンとジル・アイアランドはおしどり夫婦として有名だけど、共演作品もかなり多い。
ジルは以前記事にした『モスキート爆撃隊』のデビッド・マッカラムの奥さんでもありました。
最近の映画はスローモーションは多用した作品(退屈な演出!)が多いけど、この映画ではかなり効果的。

『仁義』ジャン・ピエール・メルビル監督作品。この名前は知っているでしょう。
正直に言います...全然記憶に残っていない(^-^;

『戦略大作戦』ブライアン・G・ハットン監督作品。この名前も知らないだろうなぁ。
これと『荒鷲の要塞』の2本だけしか評価されていないような気がします。
『ある愛のすべて』なんか渋いメロドラマでいいのだけどなぁ。
ちなみに、1968年に監督した『追いつめて殺せ』の出演はデビッド・マッカラム

次回上映作品…
e0176691_11564254.png
↑ インパクトのあるタイトルばかり(^◇^;)
これに限った話ではないけど、昔の映画はタイトルのつけ方がうまい!
最近の映画は原題をローマ字にしたものばかりで、面白くもなんともない。





by 2001cookie | 2018-05-31 11:59 | 映画 | Comments(0)
2018年 05月 28日

思い出の荻窪オデヲン座 その5

前回の続きです。

表紙は
e0176691_22455986.png
↑ なぜか股間が爆発しているサバタ(*≧∇≦*)


上映作品は...
e0176691_22460381.png
↑ 『泥棒野郎』
未だにウッディ・アレンの最高傑作だと思っています。
コメディを文章にすると絶対面白くなくなるので、詳しくは書きません。

『西部悪人伝』前回に引き続きマカロニ・ウエスタン。
イタリア製の西部劇は悪役も魅力的。
だいたい主人公も悪役以上に悪党だが。
この作品に出てくる悪役は特に印象に残っており、同様のキャラクターは今まで見たことがない。
バンジョーに仕掛けられた秘密兵器も、大好き。
学生時代に友達が手作りして、みんなに見せてくれました(-^〇^-)

『燃える戦場』高倉健が出演していることで有名。
日本語版のポスターは健さんがマシンガンを構えているけど、そんなシーンはありません。
ラストの「おまえはジグで、おれはザグだ」は、自分にとって生涯忘れられないセリフのひとつ。

今回ご紹介した作品は多くの方に見てほしいけど、DVDも廃盤の様子(* - -)

次回上映作品…
e0176691_22460878.png
↑ 口に出しては言えないタイトルばかり(^◇^;)



by 2001cookie | 2018-05-28 22:51 | 映画 | Comments(0)
2018年 05月 26日

思い出の荻窪オデヲン座 その4

マカロニ・ウエスタンが再ブームになった頃です。
e0176691_23492897.png
e0176691_23493307.png
↑ 『荒野の用心棒』
写真では読みにくいと思いますが、このストーリーはかなり思入れたっぷりに書かれています。
監督の名前は、ボブ・ロバートソン(*≧∇≦*)
この名前にピンとくる人いるかな?
ボブはロバートの略称なので、ロバート・ロバートソン。

『続・荒野の用心棒』
表紙に写っているのはこの作品なのに、なぜかストーリーは省略されている(* - -)
書いた人は前作の方が好きなのかなぁ。
始まった途端に画面に引き込まれる、見事な演出。
これ以上、印象的なイントロを持ったマカロニ・ウエスタンはないでしょう。
Django~♪のタイトル音楽は有名。
英語の主題歌がよく知られているけど、私が見たときはイタリア語だった記憶が。
当時、サントラ盤を探したけど既に廃盤になっており...
e0176691_10430871.png
↑ 荻窪の中古レコード屋さん「月光社」で見つけて大喜びで購入しました。もちろん、イタリア語だ!!
今も持っています(-^〇^-)/
このレコード屋さん、2018年現在も現役です。

『さいはての用心棒』
ラストのジュリアーノ・ジェンマが実にかっこいい。
学校で休み時間、友達と何度も真似していました(^-^;

次回上映作品…
e0176691_23493783.png
↑ この魅力的で、関連性のないラインアップ。
もちろん、見に行きました!!(^v^)

続く...


by 2001cookie | 2018-05-26 10:58 | 映画 | Comments(0)
2018年 05月 22日

思い出の荻窪オデヲン座 その3

このシリーズ、しばらく続きます。

あれ?前回と同じ…
e0176691_00143409.png
↑ ではありません。上映作品が一部ダブっているだけです。
e0176691_00144499.png
↑ 『華麗なる賭け』
映画館で初めて見たスティーブ・マックイーン。
アカデミー賞をとった主題歌「風のささやき」が有名ですが、
個人的に印象に残ったのは、スプリットスクリーンの演出。
これがトラウマになったのか、大学の卒業制作で真似事をしました(^-^;
最近見なくなっちゃたなぁ、『華麗なる〜』てタイトル。

『レマゲン鉄橋』これは前回の記事と重なるので、省略。

『雨の訪問者』フランスの上質なサスペンス映画。
これもフランシス・レイの主題曲が有名ですね。
印象に残ったのは、チャールズ・ブロンソンがベッドに飛び乗るシーンと最後のガラスを割るシーン(^v^)
共演のマルレーヌ・ジョベールはエヴァ・グリーンのお母さん。
お二人とも綺麗だけど、全然似ていない。

次回上映作品…
e0176691_00144007.png
↑ 『ガラスの部屋』は、アイドル的存在だったレイモンド・ラブロックが出演した青春映画。←死語か!
『好色世界童話集』と一緒にされちゃうのは如何なものかと(*≧∇≦*)

おまけ。

上映時に購入したポスター。
e0176691_00145702.png
↑ 『華麗なる賭け』
デラックスカラー(-^〇^-)
e0176691_00150195.png
↑ 『雨の訪問者』
半世紀前のポスターなので、もうボロボロ。
e0176691_00150647.png
↑ 『レマゲン鉄橋』
当時、名画座ではこういうサービスもあったのですよ〜❤️



by 2001cookie | 2018-05-22 00:28 | 映画 | Comments(0)
2018年 05月 19日

思い出の荻窪オデヲン座 その2

引き続きビジュアルに乏しい投稿を。

タイトルのWeeklyでお分かりの通り...
e0176691_00152208.png
名画座では毎週上映作品が変わっていたのです。
e0176691_00153252.png
『大脱走』今更説明するまでもない名作。
大スターの共演もいいけど、ジェームズ・クラベルの脚本がとても上出来だと思う。
ちなみに、怪奇映画←死語か!「ハエ男の恐怖」もこのひと。
他には「633爆撃隊」「サタンバグ」など、傑作ばかり。
英国人らしいシニカルなエンディングが持ち味でした。

『レマゲン鉄橋』戦争映画の傑作。これはぜひ映画館で見るべき。
監督のジョン・ギラーミン、本当に演出がうまい。
後年、「キング・コング」などで評判落としたけど、演出家としては抜群だと思う。

『大空港』グランドホテル形式←死語か!の原点。
機長がアル中のディーン・マーチン。乗りたくないなぁ、この飛行機。
この映画を見てからジャクリーン・ビセットのファンになりました❤️

次回上映作品…
e0176691_00152867.png
↑ 前回と違って、なんだかホッとするラインナップ(-^〇^-)


by 2001cookie | 2018-05-19 00:20 | 映画 | Comments(0)