役に立ちそうでなかなか役に立たないような気がするブログ

cookie2001.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 19日

So Long, Charlie

愛犬クッキーのお友達は、同年代の子が多いので残念なニュースを聞くことが多くなってきました。

今月の初め、離れていても繋がっていたケアンテリアのチャーリーくんが…
e0176691_23160473.jpg
↑ クッキーの後を追ってしまいました(T-T)
写真はドッグランでクッキーの後を追うチャーリーくん(黄色のジャケット)


いくつもの病魔と果敢に戦ったけど、安らかな眠りについてしまいました。
まだ14歳になったばかりなのに。
でも、クッキー同様に最後の最後まで元気な姿を見せていたようです。
由緒正しいケアンテリアでした。

クッキーとは...
↑ 嬉しいお誘いに応じて、ドッグランで遊んだり。
↑ 遠路はるばる、うちまで遊びに来てくれたり。
離れたところにいながらも、すごく近しい関係だったのです。
e0176691_23155571.jpg
↑ タイガース・ジャケットがお似合いのチャーリーくん。
でも、性格はとても穏やかでした。

チャーリーくん、お空の上にはクッキーとそのお友達がいっぱいいます。
みんな仲良く遊んでね。
e0176691_23160000.jpg
チャーリーママ&パパ、素敵な出会いを作ってくれて本当にありがとうございました。
ルーシーちゃんを大切にしてあげてくださいね。チャーリーくんの分まで。

[PR]

by 2001cookie | 2018-06-19 23:26 | ケアンテリア | Comments(2)
Commented by チャーリー母 at 2018-06-25 11:26 x
チャーリーのこと記事にしてくださってありがとうございます。
お会いした回数は決して多くないのに、離れてても繋がっていたというのがぴったり。
チャーリーにもいろいろ送ってくださり、ありがとうございました。もう少し一緒にいたかったのですが、最後にお散歩行けてよかったと思えるようになりました。
クッキーくんとクッキー家とお知り合いになれて本当によかったです。クッキーくんとチャーリーに感謝しなければ。
フォトブックもありがとうございました。一生の記念になります。
ブログで紹介させていただきますね。
本当にいろいろとありがとうございました。
Commented by 2001cookie at 2018-06-27 10:36
> チャーリー母 さま
ずっとバーチャルなお付き合いでしたが、ドッグランへのお誘いがなかったら、こうした交流もなかったはず。
声をかけていただき、本当に感謝しております。

ケアン仲間の皆様にも、感謝の気持ちがいっぱいです。


<< 行ってみたいな、よその区へ      思い出の荻窪オデヲン座 その7 >>