2015年 08月 10日

英国のドラマが好きな人へ

戦後70周年を記念して放映される、様々なテレビドラマ。
お勧めは何と言っても、AXNミステリーチャンネルで放映されている「刑事フォイル」(原題:Foyle's War)。
昨年の8月にもここで紹介いたしましたが、再度イラストを!
e0176691_0143915.jpg
↑ Facebookに載せたイラストとは別バージョン。
マイケル・キッチンが似ていないと言うツッコミはご遠慮ください(^-^;

イラストはシーズン5の第2話「戦争の犠牲者」(原題:Casualties of War)から。
このエピソードは実話を基にしたストーリーで、
開発中の兵器と犯罪が絡む、ドラマチックな展開が見所です。

実話の兵器については、「暁の出撃」(原題:The Dam Busters)という映画で語られています。
注)同じタイトルでジュリー・アンドリュース出演作もあるので、お間違えなく。
この映画は、8月13日(31日に再放送)にムービープラスチャンネルで放送されるので、お見逃しなく。

おまけ。
e0176691_1271744.png
実は、以前作ったプラモデル、ティリーの横に立っている女性は
この番組の紅一点、サマンサ・スチュアートをイメージしました。
似ていないと言うツッコミはご遠慮ください(^-^;

 
[PR]

by 2001cookie | 2015-08-10 23:48 | 英国 | Comments(4)
Commented by チャーリー母 at 2015-08-15 10:23 x
フォイルが辞表を出す回を見ました。
これまた丁寧な脚本で。
フォイルも好きですが、サムがすごく知的で好きです。
あの時代だからでしゃばらないけど、さりげなくフォイルを支えたり。
なかなかまとめて見られませんが、またみたいです。

フォイルが辞表を出す上司が、パーソンオブインタレストにデシマの
悪の親玉グリアとして出ているジョン・ノーランにそっくりで、
調べてみたのですが、英文のwikiにも記載はありませんでした。うーん。
ジョン・ノーランの若い頃に見えたんだけどなあ。
Commented by 2001cookie at 2015-08-15 17:59
> チャーリー母 さま
以前の記事でも書きましたが、サムは美人ではないけどとてもチャーミングですよね。
英国のミステリードラマは美人が出てくると、たいてい犯人か犠牲者(*^-^*)安心して見ることができますね。←おいおい。

この時の上司役はMichael Jaystonだと思います。
John Nolanも英国人で年齢もそれほど違わない。似てないわけではないけど、別人ですね...多分。
う〜ん。確かに、どこを探しても記載がないですね。
Commented by チャーリー母 at 2015-08-16 15:51 x
くっきぱぱさんの以前の記事を読み直しました。
サムは、確かに絶対殺されないタイプ(おいおい)で、チャーミングという言葉がぴったりですね。
昨日、終戦の回見ましたが、役柄も人間味があって好感が持てます。
息子のアンドリューとつきあってたんですね。ちょっとびっくり。
サムの方がアンドリューよりも随分年上に見えるので(おいおい)。
それとももともとそういう設定なのかな?

うーん。やっぱり別人かあ。
残念。
今日は、CSIフェス三昧です。
Commented by 2001cookie at 2015-08-16 23:57
> チャーリー母 さま
ちょっとだけでしたが、サムとアンドリューはいい関係だったんですよ♡
でも、つり合わないなぁと思っていたので、結ばれることはないと思います←本当か?
でも、アンドリューの性格からすると、歳上の人の方がうまく行くような気がします(^-^;

海外のドラマを見ていると、年齢設定がすごく気になります。見た目では分からないもの。
ブラウン神父(の俳優)は私と同い年!!

妻は先週、アルプスの少女ハイジ三昧でした!連続放映はやめてほしいなぁ。


<< いよいよ14      どうさ、この温度差 >>